So-net無料ブログ作成

ナフタリン口臭は、あながち間違いではなかった??(6月26日)

おはようございます。連日の深夜の投稿。申し訳ありません~~
行動パターンは、昨日と同じという事で・・・・やはり暇は良くない!

さて、深夜に書きたくなるだけの事情があって・・・・・・

今日は生まれて初めてそして最後の 点滴化学療法に挑みました。
主治医が、これだけは副作用ないから・・・って、お墨付きをくださったので、いよいよ家族の切迫感に負け、自分の生き方に反して、とにかくトライ。

そこで、すごい事が・・・・・
点滴後、1時間ほどして、その主治医が回診に来てくれた。
冗談も兼ねて、英語で話しかけてきたよ。私へのリラックスを表現してくれている感じ!
しかし、その口からの息が、やたら、化学臭い。
先生、なんか変なもの舐めたな、変な化学実験でもしてきたん??って思っていたら、帰って行った後もプンプン。自分の口から・・・・・笑

じゃ、これは先ほどの点滴からの口臭、体臭??
人のせいに思ったのは、単に、自分が点滴以降、誰とも話をしてなかったから、口の中に充満していたって事か・・・笑
そして、それは尿からも・・・・(これはある意味当たり前ですが・・・・えへ)

いやあ~~、私、病院に付き添えなくてラッキーでございます~~
ママのこんな情景では、もし一緒にいたら、必ず私を抱っこし、ママの癒し役になるのですが・・・窒息死しそうです!!居なくてよかった~~笑

ママは病気で嗅覚が衰えた(前に書いたよね、私のウンチも臭わない)時でも、化学薬品だけは臭うって。

本当に恐ろしく感じた一瞬でした。次回は夜逃げしそうな・・・・・・
そしてさらに驚くことは、そんな毒を体内に入れておきながら、副作用が全くない事って、ママにとっては、更なる嫌悪感に繋がる・・・・・脳がついに支配された……オーバーかな??笑

ナフタリン口臭・・・といつも そして今でも検索してくださる読者様!!
3月の検索ブログでも面白い、あり得ない~~~と思っていたママは、罰が当たったかもしれません~~~素直にごめんね!あなたは正しいかもしれない!!!笑

だってね、本当にナフタリンを食べたと同じか、それ以上に体に悪い、自然界にないものを食した感があり、脳がまさに、迷惑アピールを起こしているかのようなんですよ。

あ~あ、ついにママの脳も狂わされ始めるのか・・・・・・・・・・またもや、オーバー???真剣です!

相当リハビリしてくれないと、私の餌に何が入るか、たまったもんじゃない!ママの口が化学薬品の匂いになれるっていう事だからね。
間違ってキッチンにありそうな化学の液体関係・・・・・使い古しの乾燥剤・・・・・・こわっ!
ついに自己責任ですかあ~~~自分の餌は自分で判断???!!

そうなると、いよいよ私の素晴らしい嗅覚の出番!とはいえ、私も もう11歳を過ぎました・・・・・・
嗅覚 大丈夫かな~~~笑
でも、ママのピンチ!お役に立てるように頑張るワン!!!

ランキングに参加しています!

人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

研修医(6月25日)

こんな夜中のブログは初めて!ちょっと、早く寝すぎたら、日時が変わった頃に目が覚め・・・・笑
やはり、ママには入院は向いていません・・・暇過ぎ・・・笑

明日、治療に入るが・・・・
ちょっとそれまでに気持ちの整理をしたくて、ブログを書いているそうです!聞いてあげてね。

入院初日に、家庭環境など、ママの周りの人間に関する質問があった。よくあるよね。
合計8人の医師がチームを組んでくれているみたいだが、そんな聞き取りは研修医が担当しているみたいだ。

2人いる研修医、男性1人、女性1人。
質問をした後、薬の説明時に 家族が同伴した方がありがたいというの話で、その男性研修医がつぶやいた。
”それでは、旦那さんがキーパーソンですね” そして、その事への同意をママに求めなかった。
もし、患者本人が旦那の方だったとしたら、こんな表現はしてないんじゃないか??

これがママのお怒りに繋がっている。

キーパーソンなんていう表現すらむかつくが、なんでそこにいる患者本人がキーパーソンではないのか??

その時、世の中を騒がしている、あの間抜けな都議会議員を思い出した。
女性蔑視という言葉が当てはまるよね。この手のハラスメントは、世界でもそう多くの国では起こりにくい。
刀を持った時代の男尊女卑か??そんな男が育った家庭環境 実に見てみたいものだ。

この世は男女しかいない。頭の悪いのも良いのも、男女、結構比例している。そんなことも教育されていないのか・・・・・情けないね。この二人の研修医の場合でも、何回となく部屋に来て、いろんな話をしているが、ママの話についてきているのは、女性医師の方だからね。まあ、悪いけど、この男性も(都議会議員も)、頭悪いんだろうね! 笑

今回は、研修医という事で、見逃したが、入院中にそれとなく話す機会を作りたいと、考えているらしい。コワっ笑 誰かがきちんと育ててあげないと、将来困るからね!!

急に、昔 お世話になった医師を思い出した。
その医師は聡明で、話が早い。まあ、聡明すぎて、時として難点もあったが・・・・笑

その時も薬の説明だったと記憶しているが、ママと例のパパが そこにいた。
きちんと用紙にいろいろなパターンの治療方針がかかれてあって、その選択をするための説明だった。
わかりやすい・・・・・・・
と、実は感じていたのはママだけだったようだ!笑
感情的に我を失っていた例のパパは、さっき説明のあったばかりの内容が答えになっている質問を 話が終わったすぐ後にし始めた。
それでなくても、説明は多く、長いのに、それが終わった瞬間に、アホな質問を受けると、うんざりするのは、ママだけじゃなかったようで・・・・・
しかし、この医師は見事に、患者の目を見ただけで、その質問をかわしたのだ。
キーパーソンの患者本人の理解の確認をしたのだ。実に切れ味が良いし、患者を第一優先してくれている。
患者だったママも、また説明されるのは疲れるう~~と思っていたから、スッとしたのを覚えている。
懐かしいな・・・・・・・・・あの切れ味!

最近だから怖いが、聞いた話で、九州の一部の地域では・・・・・・
かなり最近まで、男女が食事を一緒に取らず、部屋や時間をずらして食する習慣があったらしい。
今、50代後半の男性からの話で、そういう環境で育ったという事実を聞いたから、それはもう驚いた。
バリバリの男尊女卑!!
食事を作らない男性が先に食べるのか???何のために??笑
まだまだ、日本は男性の意識改革が必要ですね~~~本当に困ったものです!!笑

ランキングに参加しています!

人気ブログランキングへ














nice!(0)  コメント(0) 

コンサート(6月22日)

明日から、入院することになりました~~ちょっと行ってきます程度の軽い気持ちで行ってきます!

さて、昨日は大忙し。朝から7月12日の病院のボランティアコンサートのリハーサルをして、夕方からは本物の高橋真梨子さんのコンサート。

リハーサルは、まだ2度目で最終。という、考えられないくらい自習ムードだけれど、要するに各自がちゃんと準備をしていれば、何とかなるもんですね~~頑張りますよ!
入院が遅くなり、ひょっとしてその病院のコンサートに、入院患者のまま、コンサートの舞台に立つなんて、前代未聞の状況に????と心配しましたが、よっぽどの事がない限り、それは避けれそうです。よかった!!

全部で9曲。病院の要望で合唱曲はそのうち3曲。残りは聴かせます~~~楽しみです。

その夜、横須賀であった、高橋真梨子さんのコンサート。
ママの生涯で、歌手のコンサートは2度目。一度目は20代の時に、郷さんのチケットが当たり、友達と。
コンサート会場でのその親友の変身ぶりにドン引き。それ以来、コンサートを避けてきましたが・・・・笑

今回のコンサートは最高!!でした。
最後のアンコールでは、真梨子さんの白の衣装に、様々な模様が映り、舞台全体、真梨子さんの衣装も満天の星空。とてもきれいで感動しました!!!
それにしても、女一人で、8人の楽器の男性を従えている・・・・・あの歌唱力があるからこそ!と思いました。
歌の下手な歌手なら、2時間のコンサートを持たすのに、沢山の小道具が必要になると思うけれど、そんなものいらないくらいに聴かせる~~~すごいです。
ママも、”遥かな人へ”を12日歌いますが、それを生で聴けて、感動。

おっかけ連中との会話も楽しく・・・・・ママの友人でAUSに住んでいる人も、年に2-3回日本のロックミュージシャンのおっかけでこちらに来ますが、その気持ちがわかったような気がします。
人生楽しまないとね~~

そういえば、とっても人生を楽しんでいそうな人が横にいて・・・・・・想像つくと思いますが・・・・・笑
”ほら、今 真梨子さんが僕に手を振った”って、涙を流しながら、感動している人がいた・・・・・・・・・・・・・
幸せですね~~~おっかけしそうな勢いですね~~
歌で癒され、そんな人を見て、笑い・・・・体に良いです!!

一方、そういう人もいれば、ちょっと向こうの席では初めから最後までねんねのおっさん。
なんで来たん???笑
なんでもいいから、人生楽しもう!!!!

ランキングに参加しています!

人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ロボットの時代(6月20日)

今日は、ママの脳の検査日。大丈夫でした~~~ほっ!
とはいえ、小さなのが転移してから、MRIに映るまで、10か月かかるというから、まだまだこれからですね。

さて、ママはソフトバンクの孫さんがお気に入り。
孫さんと言えば、あの震災後、エネルギー問題の解消(脱原発)を掲げ、ソーラーパネル事業に着手。
やることが速いね。しかも、自分の資産を投入してのチャレンジ。
資産家にしかできない大プロジェクト。かっこいいよね!男らしいっていう言葉が当てはまるう~~

今度は、ロボットを開発している。
2匹・・・・2台・・・・2人・・・・なんって数えるの??笑
超人間臭いから、2人にしますね~~
漫才ができるし、寸時にして、そのネタも製作できるから、これはすごい!受け答えや冗談なんか、当然のレベル!!
下手な人間はぼろ負け状態!笑 人間も脳を休める事ばかり考えないで、自己啓発すべき~~と言われているようです。どうする??!!うかうかしてられません。例のパパ、負けないで!!!笑

このロボットの活躍現場??
孫さんの理想は、話し相手のいない高齢者の話し相手。介護施設や病院などなど、用事はないけれど、話し相手がいればもっといい、というような環境、よくありますよね。
あ~でもなく、こ~でもなく・・・・何でもいいから話し相手。笑う事も健康に良いよね!
そんな相手になるのがこのロボット。
凄いです。そういう意味ではほぼ完ぺき。

昔、犬型ロボットがいたのを覚えていますか??
20万くらいだったかな??と記憶していますが、友人のご主人がロボット好きで、飼っていたのを覚えていますが、当の子供たちは無関心でしたね。やっぱり生きていなきゃ~~~って、感じ。

一時、人間型ロボットは気持ち悪いと言われた時代がありましたが、このロボットを見ると、そんな気は全くしません。それより、本当に一家に一台欲しいくらい。ほら、お掃除ロボット、本当に売れているみたいですよね。

昔、ママが、私をペットショップで買う前に、お兄ちゃんに言っていた言葉。
”やはり、ペットはサルだよね”
理由ですか??それは役に立つからじゃない?サルは人間並の行動が可能だからです。実に単純です。

癒しなんて、そんなもんじゃない!!!よね。サルは悪知恵が働くよ!犬のように素直ではない!!
海外などでは、犬が患者の癒しのために病院にいたりするよね。やはり猫じゃなく、犬です!!

でも、こんなかわいい頭の良いロボットが登場すると、犬の存在が危ぶまれます~~
一度、自律神経測定器で、犬かロボットかの勝負をしてほしいものです!!!
絶対に勝ってみせます!!!

IMG_0065 (200x150).jpg寝てばっかりするんじゃない!!笑

ランキングに参加しています!

人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

日本人の英語(6月18日)

先日、ママとある所へ行ったら、そこにも犬がいた。

その人は、東北震災で飼い主がいなくなった犬を引き取って、里親になっている。偉いね!
どんなに震災で大変な思いをしてきたのか、想像もつかないが、なかなか新しい飼い主と仲良くなるのは、至難の業のようだ。私も襲い掛かられたくらいだから、大変だよね。

このベルギー犬の私だって、初めは大変でしたよ~~わからない日本語でいろいろしゃべられてもねえ~~全くわからないし、こっちが日本語をマスターしなければならない状態だからね。

そこで、ママは笑っていた。
どうしてか??って。それは日本人が犬をしつけるのに、英語を使っている場合がよくみられるからだ。散歩をしている時にも沢山会うよ。

”シット!”  ”ステイ!” ???なんで英語なんや??

見ていると、しつけをしつけています~~^って言いそうな人が、ありがちなパターン。
笑ってしまいました~~私も!

それだけではなく、天気予報を見ていて、驚いた。
天気予報の内部資料みたいなものがあって、気象庁から出される、民間の気象予報士が参考にする天気予報・・・・みたいなのがあるんだって。
そこにはだらだらと日本語が書かれてあったけれど、何故か、ある単語だけが英語。
それは、ポテンシャルという言葉。
何日の晴れのポテンシャルは・・・・・とか、書かれてあったが、また、ママは笑っている。

可能性という意味で使っていると思うが、それを英語表示する必要性が全く見当たらないからだ。
この文を書いている人がどんな人なのか、どうやら想像しているみたいだ。
心理学も好きなママは、そういう行動パターンによる人の内面を想像するのが、お好きなようです~~~笑
あながち、その想像はピッタリと当てはまる場合が、今までいっぱいあったから、やめられない~~~笑

大概の場合、こういうケースは、英語が苦手の人が多かった~~~笑
本当に英語ができる人は、そういう訳のわからん事はしないからね。

そうこうしているうちに、訪ねたお店に、素敵な鉄板でできているナンバープレートみたいなものが置かれていた。ママには、速考それが何だか理解するのは無理だったようだが・・・・・笑

そこには ”KEEP LEFT”と書かれていた。デザインも素敵だ!なんか、留めピンも附属でついている・・・・・う~~ん

まあいいや、で、関心を持たなかったら、後で回覧で回ってきた市の広報でわかった!!
ママの住んでいる町は、自転車が多く、事故も多発地域。
それで、自転車のルールが、左側通行と変更されたのにも拘らず、自分の都合で右側通行している自転車に、警告するために、市をあげて啓発キャンペーンをしていたんです。

あの付属ピンは、自転車に取り付けるための物!!ほら、あの安全パトロール標示みたいな・・・
原価をわったような200円は、超お買い得!!

でもそこで、ママは思った~~~
一番、自転車で危ない人は・・・・・・完全無視状態で通行する老人と、ルールも知らない子供。
その人たちが知らなければならないルールに、なぜ、英語??
こんな英語のプレートを掲げている自転車を見ても、その人たちが理解しないんじゃない???って。笑
それとも、それを掲げる人自身のため??守っていますよ~~って、自分も他人にも認識するためなの?

左側通行・・・でなんでダメなのか??本当に面白い!!!!笑 
英語がへたくそになるような授業をしておきながら、変なとこ、英語好きだよね~~~笑

ピコ、よろしく~~^:^

人気ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

自家製野草酵素( 6月14日)

今日は朝から、怒られっぱなし~~
実は最近、朝のおねしょが止まりません~~笑 笑っている場合ではありませんが・・・・
昨日もママは病院へ急に行くことになり、このところ、私をまったくかまう余裕がないようです。
病院だけなら、私も理解しますが・・・・木曜日なんか、40年ぶりの大学時代の部活の先輩、同輩の男性たちと飲み会。楽しく帰ってきたのが、夜の11時。遅すぎます!!
仕方ありませんが・・・・・私もちょっと反抗してしまいました。

ママは何かを決心したようです。話してくれませんが、何かを・・・・
だから、今日はいつになく、朝から働きっぱなし。ちょっと不気味ですが、ママなりに頑張っているんですね!きっと!!
そんなことは知らず、私は怒りを抑えきれず・・・・・また、ねんねの寝床のクッションをびしょびしょにして・・・・
朝から、嫌いなシャンプーとなり、マンマも一食抜き。トホホ・・・・・・天罰です。もう大人ですから・・・・笑

ママは、朝から家の中に生えている野草と、植えたものなどなど・・・・
しそ、大根と人参の花、サラダに入れる葉、ドクダミ、バジル、山椒、それにキダチアロエ大量!
これらの野草酵素を作るために、洗ってみじん切り。
007 (150x200).jpg002 (150x200).jpg
人参の方はジュースにしましたが、超少ない・・・・・笑

ママは椅子に座って眺めている~~本当に和むらしい。
こういう生活、本当に好きなんだね。自然と暮らすって。
やっぱり、地球が好きなんだね。地球の素晴らしい自然が!
空気もおいしいし、今日は午後からゴスペル。
この地球に住めたことに感謝したい気持ち。
一日、一日を大事にして生きようと本当に思い出したようだ。

いろんな人に沢山会って、みんなに励まされている。
ありがたいね。頑張るしかないよね!!!!

ピコ、よろしく~~^:^

人気ブログランキングへ



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

検診2「(6月9日)

今日はママの2か月ぶりの検診日。

ちょっと最近、思い当たる節があったのか・・・・ママの気持ちは重かったようだ。
左の脇の下の肋骨の辺りが、時々痛む・・・・・手術の後遺症だな~~と楽天的に思いたかったけれど、やっぱり、ガンを持っていると、悪い方に思いがち。

それが結構的中していた・・・・・・・・・・・・・・

沢山の方がこのブログを読んでくださって、応援してくださっているのに、ごめんね。
今日CTで転移がわかりました。左わき下の方の筋肉層に転移の塊が映っていました。そして、胸水もたまり始めていました・・・・・

ちょっとショックです。今まで転移はしてこなかったので、抑えられていると信じていましたが、ママのガンはそう簡単ではなかったようです。現実ですね。そうだよね、4期は治らないんだから。いっぱい聞いたよね、このセリフ。

朝の呼吸器の検診で、腫瘍マーカーが上がっていて・・・次の治療方法の相談の後、CTを撮り、結果、乳腺の検診時にはCTの結果がでていて・・・転移が・・・・・これだけは予想外でした。

今日はAUSに住む友人が、ママもAUSにいた頃の友人達と会うというので、ママも途中から参加する予定でしたが、今日ほど、途中下車が煩わしいと思ったことは無かったくらい、とても友人に会える気持ちにならず、検診が長引いていると、ウソをつき、帰宅。

ママのご近所さんが、偶然家に来たので、助けられました。
彼女とは、いつもアホみたいな話をしますが、二人とも本当のアホではないので、話が弾むのです 笑
昔の恋の話やこれからの生き方の話や・・・・沢山。
気づいたら、8時になっていました・・・・たまにはいいよね。
こういう友達がいてくれたことに感謝しています。なんでも話せるって、かけがえのない事ですよね。

その彼女がママに本気で言いました。
”あきらめないで!”って。その言葉の重みを初めてママは感じました。
なかなか、この言葉を本気で聞くなんてなかったから。ありがとう・・・・・・・・涙

あきらめないでって、どういう事をするとその意味が達成できるのか、ママなりに考えてみるそうです。
そして、これからを考えてみようと思います。
ガンのお蔭で、何気なしに生きる事ができなくなったのを、ある意味、また感謝しました。
頑張るね!!!とりあえず、病院のボランティアコンサート、達成しないとね!!!

ピコ、よろしく~~^:^

人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

正義2(6月6日)

昨日の東京女子医大の一部の医師による会見。ショックですね。
あれだけ名前が有名な大学病院の実態が明るみに・・・・この際、膿をきっちりと出し切ってもらいものです。

ちょっと前も慈恵会で、高血圧治療薬の臨床研究のデータ改ざんがありましたよね。

その大学病院自体の問題や製薬会社との関わり・・・・・なかなか自分がその渦中の立場にいたら、難しい事もあるかもしれないなとは思いますが、やはり、ウソと隠ぺいはだめだよね。
前にも書いたよね。JUSTICE、正義です。

この女子医科の場合、外科の執刀医が麻酔科のやっていることを知らなかったというから、またすごいね。
どこでもそうなの?って不安になりますが・・・ママも去年手術していますから、内心驚愕。

最近、医療もどんどん分業化しているみたいですが、体は、そんなに単純なものじゃないし、自分の分野しか知りません~~って、医師に言われると、正直ドン引きしますよね。よくあるんですよ!まあそれが事実であっても、患者側からすると、じゃ、誰を頼ればいいの??って事に。
子供に与える鎮静剤の量も、本当は与えてはいけないものなのに、実は成人の2.7倍使って常習化していたとか。本当に恐いね。薬の事を事前に理解できる人って、あんまりいないよね~こういう異常な処置の方法を、どこで習ったのか、聞いてみたいよね。常識を逸脱している。その量を決めたお偉い医師は、殺人と同じかもしれない事に気づいているんだろうか。こんなことが起こっている病院、つぶしてほしいというか・・・・・

医学部長などの気の弱そうな3教授が私的会見・・・なんて、きっとよっぽどの事。まあ、今までも、この病院の噂はあまり良くないですが・・・ママの知り合いでも、セカンドオピニオンを聞きに行って、散々な報告を受けたことがあると、最近聞いたばかりだ。

亡くなる必要がなかったのに、亡くなった、この子供さんの両親の気持ちを考えると、この問題は、そう簡単に鎮静化されてはこまりますよね~~~その麻酔科の医師たち、もし、自分の子供が手術となっても、同じ量の鎮静剤、打つんだろうか・・・・・きっと、打たないね。

人の命を考える時、いつも思いますが・・・・

死刑を廃止することに一生懸命になっている人、だくさんいるけれど、実際、自分の大切な人を(悪人ではなく)殺されてしまった場合など、許せますか??と、聞きたいよね。また、人を理由もなく・・・・・ここで理由もなくと書いたのは、本当に悪人の場合あるよね。殺されても仕方ないくらいの人、そういう場合は情状・・・・してあげたいからね。理由もなく、殺人をした人の更正に躍起になっている人の気がしれないよね。家庭環境が、精神的状況が、などなど理由はあるとしても、正義は守られるべきだと思いますが・・・・
人間も動物も、本来そういった正義感は生まれながらに持っているはずですから・・・・
ハムラビ法典ではありませんが、自分のした事への責任とリスクは、人間であれ、動物であれ、果たすべきだと思います!

そりゃ、その犯罪者を死刑にしても、被害者の亡くなった方は戻りませんが、被害は亡くなった人だけではないという事を考えると、その罪は何倍も相当深い。

NICUでのその使用禁止の鎮静剤の投与は、時としてあり、だそうですが、その時には両親の承諾書が必要だそうです。前に友人がそういう立場に立って、承諾書を書いた時も、リスクのなすりつけだと怒っていたのを思い出した。
医師が、何時もすべての患者に対してリスクを背負うのも理不尽だが、承諾書にサインは、結構患者への心の負担になっている。まあ、こういった結末も、すべて過去の医師と患者の関係の状態から生まれた、いわゆる自分の首を自分で締める的な結末かもしれないが・・・・・

病院にかからずに、そっと自然に人生を終えれるようになりたいものですね、動物みたいに~~~
よかった!犬で~~~笑 えっ?動物病院があるって???あそこも信用ならないかもって??!!笑

ピコ、よろしく~~^:^

人気ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生態系(6月3日)

地球の自然の生態系を考えるチャンスがよく来ますが・・・・・本当にすごいよね、自然って。
ホメオパシーの薬もそうだけれど、感動するね、自然って。

今日は海の世界の生態系の頂点にいるシャチを書きます~~

昔、オーストラリアのグレートバリアリーフの中の、多分一番と言っても過言ではない、きれいな島の話。
ヘロン島って、知っていますか??場所は、ケアンズとブリスベンの間にある、グラッドストーンという港から、船か、ヘリで行ける。
ヘリは料金が高いけれど、それなりに値打ちがある。空からのグレートバリアリーフの景色は最高。今できつつある島、なくなりつつある島などなど・・・・素晴らしい景観です。

一番驚いたのは、島の波打ち際で、波を手のひらで受けると、イワシのような魚が手のひらにいっぱい・・・・・すごいでしょ!!もちろん、背丈位の深さの海の中では、目の前にマトウ鯛やびっくりするほどの魚(結構大きい)が渦を巻いているような・・・・感動です。
ママは、その時に一瞬ですが、サメ(例の凶悪な顔の・・)が何mか、向こうの底で待機??しているのを見て、慌てふためいたそうです。それが一度ではなく、2度も・・・・

後で、島にある生態系の研究所で聞いたら、”大丈夫!!餌が豊富なので、まずい人間は食べないよ・・・・過去にまだ食べられていないよ・・・・”と言う返事。
しかし、食べられていないけど、ひょっとしたら、誰かが1番目の犠牲者になるかも知れないのに、呑気なものです~~~そういう生き方、好きですが・・・・笑

ここで見られる魚の種類は、ダントツで多く、他のグレートバリアリーフの島々とは、比べ物になりません!
行きたい人は、死ぬまでにどうぞ、頑張って行ってみてください。絶対損はしませんよ!!

さて、その砂浜では、夜に海ガメの赤ちゃんの孵化が見れました。当時、お兄ちゃんは小学3年生。
小さな赤ちゃんが、満月の日に一斉に海に向かって歩き出すのです~~~TVでは誰もが見た事あるよね。
しかし・・・・・・・・・・・ここからが、TVにない場面!えへん!!

私たちが見たものは・・・・・海の中、海岸から2-3mの辺りで待ち構えていたシャチの群れでした。
その時のお兄ちゃんの悲壮な顔は、今でも忘れられません。
”みんな、この赤ちゃん、食べられちゃうの??”全員無言でした。
海の中では、海面から、シャチの背びれが右往左往していました。
もちろん、あれだけの赤ちゃんが生き残れたら、それも大変でしょうが、生まれてすぐに食われる・・・・・はあまりに、子供にとっては残酷。そこで、歩く方向を勘違いしたカメがいたので、そのカメを掴み(本当は触ってはいけないんですが・・・・カメのため!!)、お兄ちゃんはありったけの力で、海の遠くへ投げました。

願いを込めて・・・・”生き残ってね!!”って。ドラマチックでしょ~~

シャチは海の生態系の頂点にいます。
ホオジロザメもかないません。毒を持ったエイもイチコロです。
どうやって敵をやっつけるのか??それは、体当たりをして、魚類(シャチは哺乳類で、イルカの仲間)をひっくり返し(逆さ状態)にして呼吸困難にさせ、、彼らが持つ、武器(エイなら毒針)を使えなくさせるのです。
凄いね、なんでシャチはそれを知ってるの??ホント、不思議だね~~

思わず、どうやって生きてったらいいの??なんて、人間が言ううんじゃない!!!とついつい言いたくなりました 笑 まあ、人間も大変ですが~~笑
同じ哺乳類、産める子どもの数が少ないから、神は知恵を授けたんですね。

本当に地球の自然は素晴らしい。ありがとう!!!!感謝だね~~~

おまけです!ママの最近の絵。ママの姉が撮った写真から~~
IMG_0663 (200x150).jpg

ピコ、よろしく~~^:^

人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。