So-net無料ブログ作成
検索選択

SEIYU の無茶ぶり (3月27日)

本題に入る前に~~~

今日はブログ書く余裕なかったのに、書かずにはおられない事態に・・・・
きゃ==テニスの錦織さんが、4大大会並みの大きな大会で、ついにあのフェデラー様を破って、ベスト4。
痺れて、思わず、PCの前にいて、感動を皆さんと共に!!!
IMG_0452 (250x188).jpgIMG_0446 (250x188).jpg

さて、今日のニュースもついでに。
SEIYUが大変なことを発表しましたね。

レシートさえあれば、気に入らなかった商品の代金を食べた後でも返金するという内容。

無茶苦茶です~~TVでは、カレーを作ったはいいものの、煮込んだ後で出来上がった具の芋が悪かったと言って、レシートを持っていけば返金してくれるという。

丸1匹の鯛を買ってはみたものの、魚焼き器に収まらなかった・・・という理由でも返金。食べてしまってもいいらしい。もはや倫理の域を超えたような気がする。魚焼き器に収まらないと言って、その生の魚を返品されても困るが、食べてもいいなんて・・・・じゃ、誰でも何とか調理をした後、悶着を付けるのではないか??モンスターなんチャラが増えているこのご時世、こんなことが成り立つんだろうか???

確かに物を買った時に、失敗した~~という経験は誰にでもあるよね。いちごなんか、結構頻繁にあるよね。まったく味のないいちご、買ったことありませんか??いちごは結構高価だから、はずれた時に非常に後悔をする。これは、ママだけ??

だって、この返金システムでは、食費0になることもあり得ない話ではないよね。食べては返金、買ってまた食べて返金。う~~~ん・・・・・笑

大阪のおばちゃんが、飛び上がって喜びそうな記事だよね~~いきいきしそう~~

本にも書いたが、最近、自己責任という言葉が消え失せそうな世の中になっている気がする。一体、人はどこまで過剰なサービスをエスカレートさせるのか???
企業が、前年度比アップばかりを唱え続けて来たツケかも??ネ。去年よりも良くなれ~~もっと良くなれ~~と言われ続けて、サラリーマンさんもヘトヘト状態じゃない??子供も大人も結構 総ヘトヘト・・・・・

心底、心配だけれど、へへ、もうちょっと長生きして、この制度がどうなっていくのか・・・・をみたくもなった位に、結果が楽しみに思える。こんなことで、生きがいを持っていいのでしょうか?笑


ブログランキングへ、ポチしてね!

人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

涙 (3月25日)

皆さんは、涙腺 弱い方ですか??

涙の成分を調べてみましたら、面白い事がわかりました。
涙の主成分はもちろん水、98%  その水の中にNa, K、などの電解質。
でもね、涙は流す時の感情の違いによって、その成分が多少違うらしい・・・・嘘みたいな話です。
悲しい時や嬉しい時の涙は、怒っている時や悔しい時に比べて、塩味が薄いらしい・・・・
という事は、怒っている時の方が、Naが多くて、塩辛い傾向があると!一度試してみてください~~

お兄ちゃんとママがその話で笑っている・・・それは、塩辛くなる原因が、鼻水が混ざるからではないか!というバカバカしい結論だからだ。鼻水の量が影響したんではないか!と言って、高笑いをしている・・・楽しそうだね。

実際、真偽の確認はされていないから、何とも言えませんが、この人体の複雑な仕組みを考えると、確かに成分が感情で左右されたとしても、全く不思議じゃないよね。脳はその原因を抑える方向に働くだろうから、原因が違うと、指令されるものも違って当たり前かもしれない。

さて、歳をとると、涙もろくなりますね。最近、歳をとったから、それが真実だと理解できる。
まあ、これは、涙腺が緩むというか、その辺の筋力が落ちるんでしょうね。

例のパパなんか、最近すごいよ。思い出しただけで涙ぐんで、鼻をすすっている時があるくらいだ。この人は多分、後20-30年はお元気そうだから、涙腺はこの先どうなるんだろう・・・・・目の腫れが常習化し、顔が腫れっぱなしになるのでは・・・まあ、想像するのはやめた方が良さそうなのでこの辺にして・・・笑

ママは、昔から、涙強い。あんまり泣いたのを見たことがない。しかし、このところ・・・・

1回目は、2年半前の病気の宣告の時。健康診断でひっかかり、肺の定期検診をしていたにも拘らず、脳に異常が出ている。病院がゴタゴタしているので、ママ自身がPET=CTを取りに行った。結果、4期。
そのPETの結果を教えてくれたドクター、ママに・・・・早く肺を見てもらった方が良いと。そのドクターの目には涙。珍しい光景だ。驚いているママもその尋常でない様子に涙。これって、患者のもらい泣き???笑
ありがとう!先生!!

2回目は、去年の術後、タルセバ(経口抗がん剤)の耐性が出たと言われた時。この時は、まだ次の新薬(経口)がなく、ママにとっては選択の余地がなくなってしまったからだ。思わず、流れ出る涙によろつき・・・とっさに、主治医の上腕を掴んでしまった・・・それは何とも言えない厚みの柔らかい感触。その柔らかさに包まれて、意識を取り戻した・・・・笑
太りすぎだよ!先生!!でも、ありがとう~~

そして3回目。それは先日の私が慰めた一件でございます。
溢れる涙と共に流れ出る、ママの鼻水が私の柔らかな毛並みに溶け込み・・・・・まあ、我慢しましたが・・・笑
ありがとう! ルイ子!!
役に立てて光栄です!

だから、ママは、ついに決心をしました~~泣きたい時には思いっ切り泣こうって。どんな場面でもね。人間らしく!!恥ずかしいとか、顔が後ぐしゃぐしゃになるから嫌だとか言わずに・・・

イヤイヤ、でもやはり、翌日のスケジュールを考えてから、泣きに入った方が良いかもしれないね!サングラスやマスクも常備しておこう!笑

ママの決心は何だか、的がずれていそうですが・・・
でも、なんといっても、涙の必要条件は・・・
心底信頼できる人の胸の中で泣く事だよね!!これに尽きる!!!!よね!笑

ブログランキングへ、ポチしてね!

人気ブログランキングへ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

生きるという事 (3月21日)

何だか重たいタイトルですね~~でも大丈夫!!

見ましたか??TV番組 ”僕のいた時間”の最終回。
主人公の拓人は、結局、人工呼吸を選択したね。このドラマの主題歌を聞くと、歌詞の中に・・・
”群青色に染まる冬は、瞬く星が囁いている、聞こえたから、聞こえていたから、もう迷わないで行けるよ”と言う歌詞がある。生きることへの幸せを、周りの人達から学び、常にどんな状態でも目標を持って生きてきた拓人自身の生き方の意思を通した結果のように思える。そして、自分の想いを伝えていきたい~~と(涙)
しかしながら・・・・・ママの予想した結論とは逆だった 笑

詩って素敵だね。最近、ママはゴスペルやコンサートのために歌を練習しているから、歌詞に触れる機会が出てきたので、わかりだしたみたいだ。以前はカラオケが嫌いなママだったので、歌詞がこんなに人を癒したり、慰めたり、励ましたりするのか・・・その良さをあまり知らなかったみたいだ。とはいえ、この結論のはずれは、笑える。
昔から、ママの国語力は甚だみっともないから、はずれも想定内だが・・・。もしこの国語が良ければ、ママの人生は大きく違っていたと思える位にまずい。まあ、いいようにとると、独自の発想や表現があまりに個性的で、標準化した考えが苦手・・・・・はい、うまく表現できましたね!
だから、問題、解答という試験になると、大きくはずれてしまい、何を書いても×状態。ほんと、悲しいよ。
だから…かもしれないが、さっきの歌詞を見て、ママは違った結論を予想していた様だ、それは・・・・・

先ず群青色に染まる・・・から、冬の冷たい景色を想像し、冷え込んだ気持ちを連想した。そして次のきらきら瞬く星が囁く・・・・星になれって・・・・(この発想がおかしいのかも)それが聞こえたから、星になることを決めたというのだ。つまり、人工呼吸をつけないという結論に達したわけだ。
しかし、よくその歌の歌詞を初めから聞くと・・・・

♪ 季節外れの桜の花に 寄り添うように差し込んだ木漏れ日
  時に迷って、時に嘆いた 私の傍にはあなたがいたよね
  Cause I love you , あなたを守るよ
  Still I turn to you  、変わっていないの
  聞きたい事 話したい事がある たくさんあるんだよ
  群青色に~~~~♪ と、続くのです。

守るよ! 変わらないよ! まだまだ話す事、沢山あるよ!と書いてあるのに、なんで、呼吸器をつけずに死を選ぶ??選びません~~^:~全詩の内容を読めばわかったはずだが・・・・笑
やっぱり、詩の才能なし!でしょう 笑 恥ずかしいですが・・・・・

ママの大学の親友で、人生にとても苦労をした人がいる。その友人から、最近手紙が来た。
その中には "いずれ訪れる死を迎える時に、私は本当に生き切ったんだと思えるようになりたい”と書かれてありました。
この友人は、若くしてご主人を亡くし、4人の子を一人で育てましたが、その子育て中に予想外の脱線に遭遇。そこから、自ら這い上がるために、僧侶となり、別のお仕事で生計を立て、今を生きています。

その彼女がこう書いてくれました。
”自分の人生に起こることは、苦しみも悲しみも喜びも すべて引き受けなければなりません。引き受けた時、「人はどうするか」によって、その人の人生が輝く時が来る。その輝きは、他人に見えなくてもいいのです。自分の心の中で感じ取られれば良いのです” と。

この世は修行のためにある・・・とママはいつも言いますが、修行をきっちりと果たして、星になりたいと心から思っているそうです。
ママ!友達の文章、勘違いのないように!しっかり理解してくださいよ!! 笑

ブログランキングに参加しています。沢山の人に読んでほしいので、ポチ!お願い!!

人気ブログランキングへ



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ママの検診(3月18日)

湿っぽいブログになりそうで、入力が進まない・・・・沢山の人が応援してくれているので、楽しい事も悲しい事も共有してください!

ママが帰宅後、様子が変なので、私はいつになく、ママに寄り添い、その涙を観察。ママは弱音を吐けそうな相手はいたとしても、実際吐ける相手がいないらしく、いつも私に都合の良い時だけ寄ってくる。まあ、昨日は仕方ないから…慰めましたよ!ちょっと辛いね。

昨日はどん底でした。まあ、予想していた通りと言ったらそれまでですが、腫瘍マーカーがついに上がってきました。それも2種類。とても不気味で、急に涙が出てくるのは、一体どうしてか??を帰りの電車の中で探しながら・・・・たかが腫瘍マーカーじゃyないか!、でもされど腫瘍マーカーとも。

ドクターから見れば、その数値は大した数値ではないと思うが、患者、特にママのような点滴抗がん剤拒否者にとってはかなりの悲壮。どうしようもない、閉塞感を消せない。

今、水曜日の”僕のいた時間” ALSの病気と闘うドラマ。毎週、家のみんなが泣いている。明日は最終回。どうなるんだろう・・・・
ALSなんて病気、どこから来るのか、どうしたらよいのか・・・・それさえも分かっていない病気に比べたら、ママの病気はまだましか??でももう治らないとわかっていることは、ママもALSも同じだから、その辺の覚悟、悲壮感は似ていると思う。死が近づいている気持ちって、やはりそうならないとわからないよね。ママのように年齢もそこそこ、きれいな間に死ねるなんて・・・ってママはいつも言うが、それでもどんな最期の形が待っているのかを考えると、恐怖はぬぐえない。人間は弱いから・・・・・
人工呼吸を付けるかどうかの選択を迫られて、ALSの主人公の拓人も言ったよね。
”死ぬのが怖いんじゃない、生きるのが怖いんだ”って。そしたら、拓人の彼女が言う。
”今を生きるって、言ったじゃない!” ・・・・・そうよね、今を生きるのよね。

いつか・・・前に、病院でX線を待っている時に、終わって出てきた人がいた。ママは基本、病院で待合の時はしゃべらない。しゃべると必ず病名になるからだ。そこで話して気がすむものではないから・・・・だ。その人が、座っているママの横に来て、急にぽつんと言った。本当にぽつんとだ。
”生きるって、本当に容易なことではないよね”って。ママは思わず、その人を見て・・・
”そうですね”って、答えたが、多分、その人はママの外見からは、そのママの言葉の重さを計り知れなかったと思うが。そして、何も言わずに去って行った。相当苦しかったんだね・・・・・

さて、ママの友人、高校の時の同じバスケット部の男友達。
忘れられないが、高校卒業後、大阪大学、出光へ就職後、一年。ガンで亡くなっている。
あだ名が火箸といい、本当に火箸のように細くて、背が高かった。お葬式に行ったが、ご両親の泣き顔はたとえられないくらい。今でも覚えている。そして今でも後悔していることがある・・・・・・
それは、ママが高校時代に、その友人を騙したことがあったからだ。
ママは本来悪戯好きで・・・・・ある日。
”明日、朝にお話ししたいことがあるから、8時に00に来てね!”って冗談言って、その日は帰ったが・・・・
あくる日、問題になっていた。その友人は、真に受けて8時に、しかも散髪までしてきてくれたのだ・・・
ママの言い訳では、そういう冗談が流行っていて、友達に勧められたから・・らしいが、今から思うと、悪ふざけ過ぎるね。だから、いつも思う、こういうママが落ち込んだ時、きっと彼への罰があたってるんだなって 笑
少しずつ、過去の悪戯を懺悔したいと思っていますので、よろしく!
ちょっと元気が出てきました==ありがとう!
ブログランキングに参加しています。沢山の人に読んでほしいので、ポチ!お願い!!

人気ブログランキングへ




nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

男の可愛さについて (3月14日)

今から10年余り前だが、世界的にベストセラーになった本がある。日本語版もある。
話を聞かない男、地図が読めない女・・・・知っている人が大勢いると思う。この本は、男脳と女脳の解説をしている。外人(AUS在住となっているが)が書いた本です。今読み返すと、多少時代遅れ感がありますが・・・結構面白い本です!

この本の中には、その男脳、女脳を数値化できるページがある。昔、ママ達は喜んでやっていたみたいだ。面白い事に・・・・例のパパは、皆さんの想像通り、女脳!!そしてママは完全なる男脳でした~~笑 数値的にいうと0から300くらいの範囲の中で、数値が低いほど男脳。150-180が男女のオーバーラップ範囲。そこで、具体的に・・・・えへへ・・・・パパは186点、ママは60点で、さらに面白いのが、ママの親友は殆どが男脳だったという事です。
興味を持った方は、図書館かどこかで借りて読んでくださいね。

そこで、今日のタイトル 男について。よく言われますよね!なんだか、書く前から笑っちゃいそうでなのは何故だかわかりませんが・・・・笑 男ってかわいいって、それって本当なの??
皆さんもよく見るTV番組、なんでも鑑定団。あれって、ほとんどの出演者が男ですよね。しかも数少ない目利きのできる方達を除いては、どうしようもないガラクタ集め。家の中は無駄なコレクションで埋もれ・・・と妻に嘆かれている 笑 でも憎めないから あの番組をまたみてしまうのは、男の可愛さゆえかも!合理的な女はそんなアホらしい一攫千金より、比較的現実味の高い発明に走る。どちらがどう・・・とは言い切れないから、人間の生き様は面白いね。そういえば、ママのお父さんが亡くなった時も、押し入れの中から、数箱に及ぶアンダーシャツの買いだめが出てきました= すべて黄ばんでいましたが・・・笑 七不思議です!

体の調子が悪くなった時もそうだよね!男は弱い・・・笑
2年ほど前だが、例のパパが夜中に腹痛を訴えた。そして、がんのママを叩き起こし、歩いていけそうな距離の病院へ 車で送らせたのだ! 結局整腸剤で終わった あの夜中の3時間は何だったのか??笑
しかし、その痛みを訴える様は、なかなか憎めないものもある。異常に真剣だからです。しかし、女脳を持っているはずのパパは、都合の良い時だけ、男なのか???笑 一度研究してみる価値あり!ですね。
発熱した時もそうですよね。のどが腫れた~~熱がある~~だるい~~と、散々周りの者に心配をかけ、体温計は平熱を指している・・・・っていう事、多いよね。37度台の熱なんて、気づかない女性、沢山いますよ!
挙句の果てに、プロポリスをガンガンのんで、洗面所はそのシミだらけ・・・・取れにくい!!くそ!そこまで飲まなくてもよいほどの症状ですが・・・・まあ、今回のタイトルとは関係ないので~~この辺にして!
免疫のDR。も言っています。ガンの末期と宣告を受けた場合の男性は本当に弱弱しい人が多いと。知人の男性なんか、まだ治るかもしれない肺がん3期と言われ、ショックで食事が通らなくなり、3か月後に他界。笑い事ではありませんか、女性から見ると、笑ってしまいそうな・・・・・何故??でしょ!しかし、あまりのその単純な真剣さに女性は、心を打たれるのかもしれません。
だから、神様は、出産という最大の難題行事を、男性ではなく、女性に与えたんですね!男だったら、出産中、死ぬ事間違いなし!!笑 一度その風景見てみたものですが・・・笑 でもそうなったら、人類絶えてしまいますからね~~~

前にTV番組ですごい男性がいました。パートナーが ガンか何か(忘れた~~)で余命状態。その奥さんを救いたい一心で、何をしたか?????多分女性はこんな事しないよね。
免疫を上げるために、病院へ行く度に、奥さんに写真をあげ続けた。どんな写真??
それは、自分がバレエのチュチュを来て、ある時は野原の真ん中で・・・・ある時は砂浜で、ある時は断崖で・・・・変人扱いされて、大変なことになりそうにもなったらしいが、その違和感のある設定の中で立っている写真を撮り続けたのです。それを見た奥さんは笑の渦となり、体調も落ち着いているという話。すごいですね。これぞ、愛でしょうか???

いえ、違います!
単に、自分が一人になるのが、残されるのが、さびしいからだけではないでしょうか!笑
だって、よく言われるでしょ!女が残った時は、その後の人生、謳歌しているけれど、男性が残ると早死にだって!!!!!笑

まあ、その単純な真剣さに女性は引かれるんですね!!きっと~~~~~人間とは実に面白いね!笑

ブログランキングに参加しました~^:^ピコ、お願いします~~

人気ブログランキングへ






nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

飲酒 (3月10日)

昨日は久しぶりに、家族で飲みに行ったようだ!もちろん、私は襟巻状態でケージの中でしたが・・・・笑
みんなほろ酔い気分で・・・そんなにお酒って美味しいものなの??

犬はお酒は飲まないし、飲めない。私なんか、飲んだ・・?というより嗅いだだけでも、鼻がクスクスしてくる。だから、面白がって、お兄ちゃんにお酒を勧められてもお断りだ!!とはいえ、小さい時 まだ何もかも無知だったから初体験してしまった時は参りました~~~鼻のムズムズがおさまらず、本当に苦労しましたからね~~若気の至り・・・です・・・

そこで3人が話している。お酒のお話。それによると・・・・・
なぜ、人間はお酒が好きなのか・・・・もちろんお酒の嫌いな人もいるが、なぜお酒を飲んで気分が良くなる理由について話し出した。
このお酒、ワインとかが典型的な例だそうだが、果物が完熟するとエタノールを発するでしょ!ワインはブドウの自然発酵から生まれるよね。そのその昔、まだ自然界の物しか口にできなかった時代に、その完熟した果実から発せられるエタノールの匂いが、果物の存在する場所の道しるべになっていたようだ。人間やサルなどは、その匂いに惹かれて、果物を探せたのです。すごいね!!!
見つけた時の嬉しさや感動が、さらに酔いをすすませたのか、それとも単なるそのお酒成分によるほろ酔い気分が忘れられないのか・・・・なんだかわかりませんが・・・とにかく酒に酔うという感動を覚えたらしいです。

じゃ、生き物全てそうなのか??
違います、先ほども書きましたが、犬は飲まない。理由は犬が肉食だから見たいです。果物を探す必要がなかったからでしょう~~
じゃ鳥は??果物食べるよね。そうなんです。飲みます。これはママのアホな実験済みです。
昔、お祖父さんが庭で鶏を飼っていて・・・丁度お正月にお祖父さん宅に遊びに行った頃の事。自分がオトソでほろ酔い気分になり、神社に初詣に行く前に、そっと鳥小屋にお水の代わりに、お酒を入れたのです!!
神社からの帰宅後、どうなっていましたか??

全ての鳥が飲酒したみたいで、全員フラフラ~~ そして暴れたようで、地面の上には無数の羽が散乱。
ママは懺悔しました。ごめん・・・・大変だったねって。
つまり、鳥は飲んだのです!!!やはり、鳥もこの匂いの道しるべの時代を経ていたんですね。すごいです!!

お酒は時として益となり、時として害にもなりますよね。
誰もが経験しているのが、電車の乗り越し。そして、物忘れ。でも忘れたい事、ホントあるよね!!
人それぞれ、いろんな飲み方、暴れ方??がありますが・・・・・悪酔いは困ります~~~

ママは、昔、急にお兄ちゃんの前で、我を失い、英語でしゃべりだした時があったそうな。これは、子供にとっては、この変わり果てた母の姿があまりにも衝撃的だったらしく、いつになっても、お酒の席で他人に告げ口されて、ママは後悔したくとも追いつきません~~~笑

例のパパなんか、飲んだ後の始末が悪い・・・・・会社帰りで飲んでくることもしばしばだが、必ずママに嫌がられている。カラオケにも行っていないのに、家に入った途端に、大声で歌いだす。それも誰も知らないような昔の歌。誰が話しかけてもお構いなしに無視。ママはよく言う・・・”あの人は本当はこの時代の人間ではないんじゃないか??”って。それにそのオチがまたまた、小憎らしい。
ほら、例のauのCMの歌。♪のーりのーり のりかえる~~・・・♪っていうのを、無意識のうちに替え歌にして歌うのだ!!!
♪ のーりのーり 乗り換える 金持ちに乗り換える ♪ ????
それはママのセリフでしょ!!!!!!

ブログランキングに参加しました~^:^ピコ、お願いします~~

人気ブログランキングへ

もしも、犬の私が人間だったら…

もしも、犬の私が人間だったら…

  • 作者: ベルギールイーズ
  • 出版社/メーカー: 東京図書出版
  • 発売日: 2013/11/27
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

ルイ子の退院 2 (3月7日)

いやあ^^^^^^^寒いですね。
ルイ子が無事退院できました~~と喜んでおりますが・・・・
迎えに行った時の散々な話。今日はベルギールイーズではなく、ママとしてブログ書きます!
だって・・・だって・・・ルイ子があんまりひどいから・・・・今日は愚痴を聞いてね!
ママはあんまり犬好きではないから、とはいえ、犬の立場になって考える人だから、ルイ子には好かれています~~^と、思っていたのに・・・・

やっと会える!!!!と診察室に入り、久しぶりに見るルイ子に近づき、
”ルイちゃん、頑張ったね~~”と言う間もなく、ルイ子がプイって、顔をそむけ・・・・ママを無視。
ママの錯乱ぶりは表現できませんが、ルイ子が別人化してしまったような気がして・・・・誰??笑
一体、これはどういう意味なのでしょうか?
そのくせ、診察室でお話を聞いている時に、あのエリザベスカラーをぶんぶん振り回して、ママにサイン。
”早よ 帰ろ!”サイン。結構必死で何回も送ってくる。ママは大事な話を聞いているのに・・・薬とか間違ってもいいの???頭が変になってきた・・・・・

でもその頭が変になるのは、それが主原因ではなく、いつもその大学動物病院へ行くとなる。
理由はいくつか・・・・先ず、犬の診察台が高く、診察室の真ん中をど~~ンと占領している。だから、人間が周りで立っているのだ。狭い診察室の中は、主治医と研修生とかで全員7-8名に囲まれている雰囲気を患畜の飼い主は感じるのです!!それは、だんだん空気が薄くなるような現象。初めて行った時は診察があまりに長く、倒れるかと思った位だ。それとも、あんな大学病院は、相当瀕死の病気の動物が行くところだから、その子たちに体の中の気が盗まれるのか・・・・・この気がとられる・・・は結構な飼い主が体験しているみたいだから、アナドレリンン~~ごめん3発目!笑

この日は豪雨で、車の運転もタフだったのに、その上、ルイ子に無視され、長時間の手術の説明と薬の飲み方を聞きながら、足をごんごん、襟巻トカゲみたいになっているルイ子につつかれ、だんだん空気が・・・・
”もう頼もう!椅子を”と思った時に診察終わり。多分真っ青だったと思う。
犬の白内障の手術は人間のそれとは違って、入院日数も長く、抗生物質も長く服用する。大変なのはわかるが・・・・・見えなかった目が見えるようになった喜びは感じてくれないのか!!!と、少々腹立たしくなりながら、またまた、豪雨の中、帰路に。

やっとの事で家に入り・・・・多少ルイ子もなついているかのようなしぐさ・・・・だから、完全に同情気分になり、ねだられるままに夕食。結構ヘトヘトだ。するとルイ子が次のサイン。食べたので もよおしたみたいだ。ルイ子は外でしか用をたせない・・・でも、この大雨の中、せっかく体が綺麗のに(多分、病院がシャンプーをしてくれたみたいだ)この雨の中へ行けばどうなるのか・・・・げっ・・・無視しよう!と決めて、人間の夕食を作ろうとした瞬間、目の前でウンチを落としだした・・・・・なぜ落としたと表現するのは、英語で犬のウンチをDROPSと表現するので、書いてみました~~~ちょっと唐突ですよね~~
かなりムカッと来ていたが、そこは病人 病畜?相手(ママも病人ですが・・・笑)なので、こらえて・・・・大丈夫だよ!いいんだよ!!と後始末。もう完全にヘトヘト。
そしたら、今度は、その襟巻で水の入れ物をひっくり返し・・・・床は少々海。だって、先生が、水は飲みにくいので高めの容器にしっかり入れてくださいって言ったから・・・量が半端じゃない!!

前の晩の夢に出てきたあのルイ子への気持ちは全くなくなりました。
夢って・・・・それは雨の中、家の窓の外で、入りたいよう~^って走り回っているルイ子に目が覚め、心からかわいそうだね、帰りたいんだね、ママに頼っているんだねと思った気持ち。

それはそうと、病院で見た張り紙。初めて見たので、写真貼ります。
さっきも文章の中で表現しましたけれど、患者の事を患畜と動物病院では呼ぶそうです~~辞書にはなさそうで、漢字変換が面倒くさいです!笑
どう!このふてくされた顔!この患畜の畜、家畜の畜なのか、畜生の畜なのか、もうわからなくなりました~~笑
IMG_0428 (250x188).jpgIMG_0419 (188x250).jpg

ブログランキングに参加しました~^:^ピコ、お願いします~~

人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ルイ子の退院(3月3日)

今日は女の子の雛祭りというのに、私は退院できませんでした・・・・・
先週の月曜日から、白内障(この犬種に多い、遺伝だそうです)の手術で入院中ですが、予定は今日退院でした・・・・のに、今朝病院から電話があり、まさかの延長2日。私も衰えたものです。
この辺りは、ママに似てきたというべきでしょうか??笑 というのも、ママも見かけは若いのですが、中身は結構それ相応の年寄り??!笑 ママ、すみません~~
私も散歩中によく言われます。
”まあ、かわいい!!この毛並みは若さね!”とか、歩くのが速くて、闘病中のママをたまに苦しめる位のアップテンポ。それを見ている人が・・・”うちのはもう9歳だから、そんなに元気になれませんね~~”って。
ママの返事は”もうすぐ11歳になるんですけれどね・・・・元気です”って。
見かけが元気だと、ついつい 本当に元気なんだと信じがちだけれど、今日は、それがそうではないんだと証明されてしまった感があり、相当ショック。ママが、病気になった時と同じだね・・・・

先日読んだ本に、新谷弘美医師の酵素の本がある。
この本を読んでママは感動をしていた・・・・・まさにママの好きな全体医学だ。こんな医者が日本にもいるんだね。最近は増えてきているみたいだけれど、このDr.は順天堂大学卒の医師。順天堂と言えば、あの有名な小林弘幸医師もいるね。便秘や自律神経に詳しい医師。自由な発想は、私立大学や病院のメリットを大いに生かしているような気がする。頑張れ~~!

本でも書いたけれど、人間の体の仕組みは単一的には見れないから、全体医学は完全解決には欠かせないとママは信じてやまない。
AUSにいたホリスティックな医師は、腸の大切さをを力説していた。この新谷医師もそうだ。こうなってくると、腸をのぞいてみたいね~~~見たくありませんか??~~ 腸の美しさが肌の美しさに比例しているといわれるなら、なおさら見たい!!!ヒダヒダ 超(腸)気持ち悪そう!!!現実、見たくない人、多いですか??まあ、普通そうですよねえ~~笑

昔、聞いたことがあるが、なぜ、犬などは便秘をしないのか・・・・・それは、四つん這いで、腸に負担をかけないからだって。じゃ、人間は2足歩行になってからなのか?!だったら、必要ない時は、四つん這いになりましょう!!笑 とまあ、いつもママの発想は単純ですが・・・えへ

だが・・・・最近わかったことは、もっと究極。
人の寿命は決まっているんじゃないかって。どんなに食に気をつけていても、ママのように病気になるし、どんなにお構いなしでも病気にならなくて、長寿。その例が結構身の周りに氾濫していて・・・・
そうじゃないよね~~~そう思いたくないよね~~でももう、長くこのブログを読んでくださっている方なら、想像可でしょうが・・・例のパパをみていると、100%実感するからアナドレリン・・・おおっ,パパのおっさんギャグが再び・・・・こわっ
結局、腸を大切にして、生きれるだけ生きる!楽しく生きることが大事だと、今日は結論付け、笑って楽しく今日も過ごしましょう!!

私も本当は退院して、家族とノビノビしたら、目の炎症くらい、自己免疫で吹き飛ばせるんだろうにね!!なんて、考えております~~が、残念ながら、まだまだ今日も檻の中です・・・・・涙

ブログランキングに参加しました~^:^ピコ、お願いします~~

人気ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。