So-net無料ブログ作成

テニス(1月30日)

今年最初の4大大会のオーストラリアンオープン、終わりましたね!

男子決勝見ましたか?ナダル(スペイン)vsバブリンカ(スイス)
それに錦織さんもナダルとすごい試合しましたね!ママの免疫上がりました〜ママは最近、誰かが頑張っている姿を見るのが超好きみたいです。頑張っている姿って、カッコイイよね!!!
以前は自分が頑張るのが好きだったようですが、病気以降、他人に期待しているみたいで・・年寄りになったかな  笑 それとも自分の未来に期待するのはやめたのかもしれません・・・まあ、許してあげましょ!
 
ナダルさんと言えば、今でも彼の英語は大概無茶苦茶ですが、初優勝した時のコメント、忘れられません(^^)
 
テニス界に現れた、すごい新星に、記者達が英語で聞いていました。
"もう、テニス界でお友達できましたか?"に対して、
"私にはマヨルカ島に沢山の友達がいます〜"という返答。
笑いました〜
日本人は、外人の風貌をしている人は、誰もが英語堪能と錯覚しがちですが、この例のように、英語が第二外国語である国の人は、日本人と同様、実はあまり上手な英語を喋ってはいない場合が結構あります!私達も自信持って大丈夫かもよ!
 
さて、今回負けたナダル。ハードな試合の連戦で痛めた体。4大大会でなかったら、棄権したかも・・・位の辛さがありながら、最終日1試合のために来た観客を考えてか、無理をして最後まで戦いました~~
だから、準優勝の表彰式のコメントの時に絶対に泣くぞ!と見ていたら、一粒位だった・・・・
もっと泣けばいいのに!!!!!一緒に泣きたかったのに!!!
 
昔、男子は涙を人前で見せるもんじゃないと教育された時代もあったが、泣いていいんだよ!泣きたい時は!!そうだよね~~
ちょっと前、フェデラー(スイス)が全盛期連勝後に負けた時、子供のように、鼻をすすって泣いたよね!あの貴公子、フェデラーが・・です。コメントもまるで子供のようだった^_−☆
ママは、さらにファンになっちゃったあ〜って言ってました。
やはり永世中立国の人の感覚はいいねえ~~素直です! 笑 関係ないかもね 笑
 
素直に感情を出す!これが最高の人間らしさと、ママは言っている。勿論、わがままは論外だけどね。人間だけに与えられた能力かも・・
 
違うよ!!犬にもあります。だって、この前、私、ルイーズは言われたんです。
ある人がこの写真を見て・・・・
IMG_0271 (229x250).jpg
この犬、人間の目してる!!!この犬だったら、泣くんじゃない??って。
犬もしょっちゅう泣きたくなります、こんな時!
 
雨の中のトイレ・・・・わかります??~~笑
氷点下の中の警備・・・・きつっ!
眠たくもないのに、抱っこされて子守唄聞かされる時・・・うえっ!
泣いているけど、涙が出ない~~人間が羨ましいよ~~~

うっうー、人間様、犬の苦しみを知ってくれ〜笑



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

外国の大人の誕生会 その2(1月25日)

何故か忙しいです~~

さて、AUSで知り合い、彼女が先にベルギーに転勤。1年後ママ達が後を追うようにしてベルギーに。縁がありますよね。今日はそのドイツ人の誕生会。

外国の転勤者ですから、結構またまたブルジョア。ここで外国の転勤者だから・・・といったのは、同じ転勤でも日本企業の場合とちょっと待遇が違うので、そう表現しました。どの国でも大抵、転勤者は子供の授業料は企業が支給。いろいろな経費も結構企業が負担します。まあ、外国で大変な思いをするから・・・という意識が強いからでしょうか?だから何百万円もかかるインターナショナルスクールでも全然平気なのです。何人子供がいてもね。しかし、日本企業の場合は住宅費、夫の車のレンタル代くらいでしょうか・・・支給されるのは! 子供の学費は日本人学校の分だけ支給されます。だからかもしれませんが、海外に住んでいながら、英会話のお持ち帰りもできない子がたくさんうまれるのです。親の事情ですね。折角のチャンスなのにね!

さて、ある日、そのドイツ人の彼女がママをあるレジデンスみたいな、パレスみたいな洋館に招待。ドレスコードは普通だったように思います。この辺りは日本人に似ているドイツ人らしいなと思います。

この人に拘らず、向こうの人は、家に友達を招待するときも、ちょっと日本人の集まり方と違うような感じがあります。ママは結構いろんな家に行きましたが、そのたびに知らない友人ができました。というのも、招待をする人を中心に友達を呼ぶので、呼ばれた友人たちは知らないもの同士が当たり前なんです。そこで紹介してもらって友達になる。ママはこの集まり方が大好きです。日本のように同じグループに分かれて集いをする・・・ちょっと退屈かな・・・

この日は、彼女の40歳の誕生会。やはり、とっても素敵な洋館でした。ママはこんな素敵な場所が、普通のこういった会合に貸し出されていることに特に関心している。あの素晴らしいプラハの市民ホールもそうです。市民・・・だから、市民に開放しているのでしょうけれど、市民がそこで部屋を借りて、大事な瞬間を持つ・・・素晴らしいですね。自分たち国の資産に対する意識も変わってくるでしょうね。

さて、お決まりのおしゃべりのひと時も終わり・・・・・最後の彼女のご挨拶。

皆さんありがとう!これからもよろしく…なんて感じだったでしょうか。そこに後ろから夫が登場!妻をさらに祝福しました。感動の一瞬でした。しかし、それだけではありませんでした~~~なんだと思う????あはは 普通ではありません~~~~笑

その部屋の後ろの仕切り壁が解放され・・・・出てきたのは・・・・・

夫からのプレゼント。なんと真っ黒のオープンカーでした!!!ママはまたまた腰を抜かしそうでした。どこのメーカーかはママにはわかりませんが、普通にあるメーカー(ベンツなど)ではなかったのだけはわかるくらい・・・に個性的。後にママは乗せてもらったけれど、恥ずかしいくらい・・・・身分の違いが分かります~~~笑

やはり、大きな大きな彼女の涙に、みんなも涙していました。ママも涙していました~~この時の涙の真の意味が何だったのかは、ここではもう語らないことにしますね 笑

プレゼントや感謝は、物の大きさでは計れませんが、その機会がなくでは表現できません。表現しなければ、伝わらないこともたくさんありますし、表現しようと思わない事はそれだけの気持ちがない事の表れでもあるのです。そこをしっかりと踏まえて、これからの人生を歩みたいですね!!!!

もしも、犬の私が人間だったら…

もしも、犬の私が人間だったら…

  • 作者: ベルギールイーズ
  • 出版社/メーカー: 東京図書出版
  • 発売日: 2013/11/27
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

外国の大人の誕生会その1(1月

では、外国で体験した涙の大人の誕生会、その1です!

オーストラリアに住んでいた時の話です。ママには親友なる友達ができていて、その方はイギリスからの移住で、かなりのエリート夫婦です。某Aカード会社の副社長を経て、AUSの銀行にヘッドハンティングされた夫と、イギリスのC大学出身でラジオでも教育学を語るほどの学者の妻。しかし、来ている服はごくごく普通です。昔からの資産家のお家の出身ではないんでは??だからママが友達になったんだね。この人とは本当にいろんな教育学の基礎を話し合ったようです。本の基本的な考え方、{バランス}という考え方も その中からうまれたと言っても過言ではありません・・・

さて、ある日、その彼女が家にママを招待して、何やら話したいことがあると・・・

内容はこんな内容でした。ある日、夫がイギリスへの訪問旅行を準備してくれたそうな。飛行機に乗ってみると、行きも帰りもファーストクラス。向こうでの滞在は古城ホテル。彼女も今まで泊まった事のないようなお城。感激のうちにその夜は終わり・・・

翌朝、目が覚めて部屋から出ると、親戚一同集まっているではありませんか!!夫はその日に行われる妻の40歳のお誕生会に 親戚一同を、妻に内緒で招待していたのです!古城ホテルを妻へのサプライズのために貸し切っていたのです!!しばらく会っていなかった両親との対面。彼女は驚きと共に涙が溢れ、言葉を失ったそうです。

うんうん・・・それは感激するわ~~ママも涙・・・よく失神しなかったね笑

もう、彼女の顔はぐしゃぐしゃ・・・ママの顔も涙でぐしゃぐしゃ・・・ 

それからプレゼントの話になり・・・1カラット弱くらいあるダイヤが4個も並ぶ一文字リングが指に・・・すごいね。それをママに見せる彼女の顔に溢れる涙は、自慢という景色は全く感じられず、本当に夫からの祝福に感謝する涙でした。

さらに、彼女の目はびしょびしょ・・・ママの目もびしょびしょ・・・・抱き合って泣いたものでした・・・・・良かったね!って。

しかし、本当はこの二人の涙は異質なものでした・・・・・・・・

ママの涙の真相は・・・・

なんで、同じ地球上に生きていながら、こうも違うのか・・・・・という落胆の涙だったようです 笑 一度でいいから、サプライズ欲しかったな~~

外国では特に0のつくお誕生歳は、結構盛大に行われるようです。考えれば、40歳は人生のターニングポイントかもしれませんね。今までにありがとう!これからもよろしく!でしょうか!!!まだこれからの方、頑張ってみてはいかが? ? きっと良い事あると思うよ!!!笑

では、次回はドイツ人の40歳のお誕生会をご紹介します!

 

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

お誕生会 その1 (1月15日)

年が明けるという事は、また一つ、歳を重ねるわけですね。私は今年11歳、人間の歳で言うと50台後半くらいでしょうか・・・例の白内障の点眼薬ですが・・・私には合いませんでした・・涙

年末に目の血管が切れて、白目が真っ赤に・・・しかも両目。よく人間でもいますよね。片目真っ赤にして、殴られたんちゃうか~~と思われそうな顔をしている人。自然に止血され、きれいになるまで自然に待つ。これしかないようです。体の細胞の働きには脱帽の毎日です!私の場合は両目。しかも知ってる?犬は白目がないんです!!!とは嘘で、正確に言うと白目は表からは見えないんです。だから普段見えないため、発見が遅れたみたいで、かなりの血の塊があったようです。ママは獣医さんに、”これはちょっとひどいな・・・輸入品なんか買って、勝手なことをして・・・・犬の白内障は治らないんです!~~”と偉そうに言うから、ママは泣きそうに反撃。

”だって、治らないって言い切るのはあまりにもかわいそう。もしも、私やあなたが犬だったら、そしてこれから先、目が見えないなんて考えらますか?!考えただけでもぞっとします”と。

さすがにその獣医も沈黙。反省したのかな~~という結末で、今回の点眼薬はパス。次の手段を探す・・・と、ママは張り切っています。ありがとう!!!

さて、お誕生日って、皆さんはどんな感じでしょうか?ケーキを食べて・・あの歌を歌って・・・ですか?そしてプレゼントですか?呼ぶ人は誰ですか?家族だけでするんですか??いろいろな方がいると思いますが、今回からは、3回連続して、外国の誕生会の様子を書きますね!

今日は子供の誕生会。オーストラリアにいた頃の話です。子供の歳は、小学校低学年の頃。この頃の子供の誕生会は、とてもユニークです。何度も御呼ばれしたし、お兄ちゃん自身も行ったし・・・

家での誕生会が多いです。同じだね、日本と。行くと・・・何がいたと思いますか??爬虫類勢揃いでした。ワニの子供、首に巻く大蛇、大きなトカゲ、カメ・・・・両生類も交じっていました~~ママは初めて見た時、腰を抜かしそうでした・・・なんじゃこれ??笑

向こうではそういう専門業者がいて、誕生会のために来てくれます。子供たちは大はしゃぎ!お兄ちゃんも黄色の大蛇をマフラーにした写真があります!気持ち悪!!でも、結構人気があります。このタイプの誕生会は多かったです。

お兄ちゃんの時は、現地の親友との合同誕生会。家に消防車を呼んできて、放水させてくれた挙句の果て、その消防車に、誕生会出席者全員を乗せ、30分くらい、町をドライブ・・・・考えられますか??放水なんか、結構、そこら中、水浸しになります~~~笑 無茶苦茶を喜ぶ歳だしね。それにちゃんと消防隊の服も着るんですよ!

他には、ちょっとした遊戯場(ここでは、2組に分かれて、広い敷地の中で闘いあい、着用しているベストにレーザー探知がついていて、そこを打たれた場合、やられたことになります)での貸切誕生会も人気でしたね。これはごく普通の方ですが・・・

考えると、ケーキ、歌、プレゼントだけではなく、それにプラスアルファー、何か子供の興味やパッションを磨くための工夫が感じられます。

TVで時々やっていますが…世界のびっくりニュースみたいな番組。あれを見ていると、ママがいつも言います。やっぱり、外国人のハメの外し方は半端じゃない!!って。あまりにバカバカしい場面がありますが、でも、考えると、こういう誕生会の仕方のように、小さい頃から自然とハメが外れているんだから、あのようになるのは普通かもしれませんね 笑

子育ては本当に大切だなあ~~とママはいつも言います。その時期は、長いようで、取り返しがつかない・・・結果も出てしまう・・・

これからのママ、育児中のママ達、大変な毎日でしょうが、未来を背負っています!!頑張ってね!!!!応援しています~~~

次回は大人の誕生会その1です!

 


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

関西のおばちゃんの定義(1月11日)

今日は1ばっかりの数字が続く日で、縁起が良さそう!ですね~~今から神社へ行こうかな?!

さて、先回疑問の残った、関西の(大阪)のおばちゃんとは・・・・という定義なるものを書いてみます。とはいえ、ママはもう大阪を去って、30年以上経ちます。今の大阪事情は知らないので、どこまで真髄をついているのか、定かではありませんので、あしからず・・・もし、結構真髄をついていたら、大阪のおばちゃんは30年間も変化なしという事になりますが・・・・笑

関東の男性は、面白い関西系の中年女性を見ると、大阪のおばちゃん・・・と呼びたくなる傾向が感じられてなりません。大体、おばちゃんという言葉自体、関西出身の女性に対しては、本当は禁句に近い言葉なのです。TVで下品そうなおばちゃんのCM見ますが、それを全国の人が連想していますから、それと同等扱いということになり・・・失礼極まりないのです。真髄を知らないという事は、ここまで相手を不快にしてしまう訳です!!

ママは、微かに?残った大阪弁のせいで、よく関西からですか??と聞かれています。そして関西人という人種?笑 についての悶着を聞かされることがよくあります。関西の人は面白いねえ~~~なんてね。これは遺伝子として持ち合わせているサービス精神のせいであって・・・・そんなこともわからんのか~~と、言いたいくらいです。笑

しかし、その時、必ずママは返答します。

関西人とは複雑で、8段階くらいに分けられます・・・と。すると、相手は聞いてきます。ママはどの段階ですか?・・・と。そしたら、上から2か3(そう信じたいんだと思います! さすがに厚かましく 1とは言えないようです!)だと答えています。

住んでいる地域によっても異なりますし、路線によっても電車に乗り込む時の乗車マナーが極端に違うという話も結構有名です。何だか、パリみたいね!!

大阪のおばちゃんと日本中が納得するのは、多分、この段階別では、下から6,7,8くらいの段階の人と、ママはとらえています。言いたいことは、大阪や関西に住んでいても、様々な人がいるという事です。

確かに、関東の人を見ていると、関西嫌いと関西大好きとの両極端に分かれます。多分、その人が出会った段階の人で評価が分かれているんじゃないかと、ママは推測しています。

ママも環状線(山手線みたいなもの)で、昔、知らないおばちゃんに話しかけられたことは多々あります。

”お姉ちゃん(昔なもので~~)、今日は天気がいいねえ~~、どこに行くの?”

ママの返事は、”えっ、え、ちょっとね” (まるで、漫才の中川家の世界よね) そしたら、そのおばちゃんが”そう、一日ええ天気だといいねえ、行ってらっしゃい!”てな、感じ。これが嫌いという人もたくさんいると思うけれど、この会話だけ見ると、そう差し障りのある会話でもないが・・・でも現実は、段階5以上の人はそんな事、見ず知らずの人に話しかけませんよね・・・・・笑 やはり、個性的というか・・・関西人でも意味がわかりません~~本当は意味なんてなくてもよかったりして! 笑

だいぶ前にTVで、大阪の商店街に魚の水槽を置いて、中に鯵(だったと記憶していますが)を沢山いれておいて、無料、気楽に持って帰ってくださいとモニタリングのような番組をみたのを覚えています。初めは躊躇していても、最後は水槽は空になっていました。ママの段階表からいうと、、8人通れば3人は持って帰ることになるわけですから、当然なくなりますよね~~~関西人はタダが大好き!

でもよ~~く覚えておいてね。ただほど恐いものはありませんから。お気を付けあそばせ!!!

 


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

お母さん(1月8日)

お兄ちゃんが英会話の講師のバイトをすることになりそうです。

それで3人が話していましたが・・・・特にママが・・・・

ママは以前、金曜の夜だけコンサート喫茶みたいになるバーみたいな所、あるでしょ!そこに家族で行った話。

リズミカルな曲に合わせて、気分もほろほろ~~という場面で、そのバンドの一人がママを指名して、話しかけてきた。

”そこのお母さん!今日のコンサートはいかがでしたか・・”てな、調子。

この人は馬鹿です。ママの一番嫌いな言葉を発したことに気づいていません。ママはお母さんとかママという単語は、自分の子供だけからの言葉と確信しています。やはり、ママの機嫌を大きく損なってしまいました・・・・こわっ!

ママは点状態になって金縛り。返事もできません。そして、例のパパに聞いていたのです。誰がお母さんなの??って。結局、ママはそそくさとそのバーを退散しましたが・・・

日本語では、夫がよく妻に対して、お母さんとかママとか言うよね。その逆もあるけれど・・・でもあの日本的常識はママには通用しないんです。多分、ママの実家がそうではなかったからでしょう。ちなみに海外でも通用しませんよ~~

どれだけ考えても、やはり変ですよね。とはいえ、じゃ、そのバンドマンはママの事をどういう風に呼ぶことができたのでしょうか?そこのご婦人??そこの姉ちゃん??そこの女性?そこの女?笑 そこの美人??(まあ、これが女性には一番無難でしょうが・・・笑)

日本語は難しいですよね。だって考えてみて!このケース、英語なら、YOU の単語でOK.いちいち誰それと言わずに、目の前にいれば、YOU でいいのです。マダムという場合もあるし、ミスといきがっていう場合もあるけれど、普通はYOUです。

日本は相手の職業をも考える場合もありますよね。例えば、政治家とか作家とか先生とか・・・を相手の名前を呼びにくい場合も含めて、”先生”と呼びますよね。なんで先生なのか全くわかりませんが・・・・笑 英語に言い換えると、すべて目の前にいる時はYOU です。ドクターの場合も、目の前で診察を受けている時などはやはりYou で、いちいちDR.誰それ・・・なんて、舌を噛んじゃって血だらけになりそうです~~

簡単でいいですね、英語の方が。ママが本でも書いていますが、この日本語の複雑さが時として災いを産み、まれとして情緒を醸し出します。難しいわ!!

そういえば、先日も・・・・ママの機嫌が急に悪くなりました…散歩中。

知らない青年が、道で立ち止まっていました、洋ナシの箱を何箱か持って。そして、そこを通りかかったママに、なんと!話しかけたのです!

”お母さん、洋ナシ買ってくれませんか?”って。おおっ・・・・

驚いたママは、イケメンだったにも関わらず、そそくさとある言葉をつぶやきながら、そこを去り・・・

”私はお母さんじゃない!”怒りが込み上げているようでした。お蔭で私の散歩も半減。足が帰宅モードになってしまって・・・もう、あんちくしょう!
人気ブログランキングへ

携帯サイトhttp://www.bookservice.jp/bs_mobile/
電話(9:00~18:00無休)0120-29-9625
FAX0120-299-635
手数料なしで送ってくれるそうです。


nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

福袋(1月4日)

お正月も終わりましたね~~

皆さんはどんなお正月をお過ごしだったでしょうか??

私は新年早々、年中無休の警備の仕事を全ういたしました。大晦日とか、新年というのは、気も緩んで、泥棒さんが大忙しらしいですから・・・役に立ちますね、番犬は!!えっへん!!

私は今年11歳になるので、11歳からという餌に変更になるのかなあ~~低脂肪で良いらしいが 肉けが少なくて警備の仕事には足りません・・・できればシニアフードはもう少し後々にしてもらいたいです!これが私の初詣の神頼みです~~ささやかでしょ!

我が家の3人は、元旦の神頼みの後(何を頼んだのかわかりませんが~~できれば聞いてみたいものです)、2日は朝から大忙し。何やら、数年ぶり?2回目?の福袋挑戦だそうです。お目当ては、トミーヒルフィガー。男性中心のブランドで、ここの物だと安心できるとか・・・・

高島屋へ行くんだ!!と勢い込んでいましたが、傑作だったらしいです。慣れないことは相当調べていかないといけないこのご時世。その常識に乏しい3人がとった行動は・・・あまりに・・・笑

先ず、百貨店の初売りは2日の10時だと信じていた固定観念が間違いの始まり。後で知ったのですが、今年は1日オープンの所も多く・・・

なんとか、お目当ての高島屋は2日!ばっちり!!でも9時でした・・・笑 それを知ったのは、電車に乗り込んだ後、携帯で調べて・・・・遅いよね~~情報収集。その時すでにオープンしていました。という事は福袋残っていません~~って事!笑

それでもめげずに3人は とにかく行こうと話し合い・・・・どこの階かフロアガイドをまたまた電車の中でチェック!3人それぞれチェックしていたら、パパが6階だといいだし、ママとお兄ちゃんは5階だと。見ると6階はキッズのトミーヒルフィガー*:*

めげずに、そのパパがまた騒ぎ始めました~^

”まだ間に合うかもしれないよ!!ほら福袋は10時からだって書いてある・・・”

疑いつつも後の二人がチェック。やっぱり違いました~~~年末の予約福袋の締め切りが12月13日の10時だそうでした。人間、欲望の度合いが高まりすぎると、視野が狭くなるようですね。単語しか目に入っていません~~笑

そして最後の極め付け~~~高島屋に行ったら、男性物は5階から6階に引っ越し、そのお目当てのトミーヒルフィガーがその引っ越し時に撤退した後でした~~もぬけの殻・・・・笑

こんな不幸ってあり???いいえ、これは不幸ではなく、単なる情報収集の遅れだけなんですよ。今のご時世、賢く生きている人はたくさんいるし、そうしないとこうなるのです!厳しいね~~

相当3人は懲りたんじゃないかと思いきや、最後に行ったトーキューハンズの中にあるお店で買った時計の福袋が大当たり!神はまだ居ました~~これで1万円!5万5千円相当だって!

IMG_0252 (250x188).jpg

完全に  結果良ければすべて良し タイプの3人。大満足の1日のような顔をして帰宅となりました~~めでたし、めでたし!!!

という事は、またこのような大失態は起こるという事ですね 笑
人気ブログランキングへ

 

もしも、犬の私が人間だったら…

もしも、犬の私が人間だったら…

  • 作者: ベルギールイーズ
  • 出版社/メーカー: 東京図書出版
  • 発売日: 2013/11/27
  • メディア: 単行本


 



 


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

謹賀新年(1月1日元旦)

謹賀新年

CIMG2492 (350x263).jpg

富士山の絵です~~~和んでください!

本年もよろしくお願いいたします~~~ベルギールイーズ


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。